介護保険事業
  介護保険制度って?

 (1)介護を社会全体で支えあう、助け合いの制度です。
    私たちの社会は今、これまでに例をみないスピードで高齢化が進んでいます。
    今後、寝たきりや認知症など介護が必要な高齢者が急速に増えることが見込まれており、「介護が必要になったらどうしよう」という思いは、高齢者とその家族だけのものではなく、誰もが共通に抱く不安となっています。
    また、介護が必要な期間が長期化したり、介護する家族の高齢化などが進んでおり、家族による介護では十分な対応が困難となってきています。
    そんななかで、介護保険制度は、老後生活最大の不安要因ともなっている介護を、社会全体で支えあっていくことを目的としてつくられたものです。

 (2)保険者は甲賀市・・・制度を運営します。
    保険者は甲賀市となっており、保険料の徴収、要介護認定、保険給付などの業務を行い、制度の運営にあたります。

 (3)必要な費用は公費と保険料でまかないます。
    介護保険のサービス費用は、自己負担分を除き、約半分を公費(税金)により、残りの約半分を、40歳以上の被保険者の保険料でまかないます。

 (4)介護が必要になったときは要介護認定を行ないます。
    寝たきりや認知症などにより介護が必要になった場合は、要介護認定を受けて、サービスを利用することができます。

 (5)介護保険の対象者は?
    1.65歳以上の市民の方全員(第1号被保険者)
      介護が必要になったときは原因を問わず要介護認定を経て介護サービスが利用できます。
    2.40歳から64歳までの医療保険加入の市民の方全員(第2号被保険者)
      加齢に起因する病気(※15種類を国が指定しています!)で介護が必要な状態となったときに限って、要介護認定を経て介護サービスが利用できます。

※第2号保険者が介護保険サービスを利用できる特定疾病
@筋萎縮性側策硬化症 A後縦靱帯骨化症 Bシャイ・ドレーガー症候群
C骨折を伴う骨粗鬆症 D初老期における認知症 E脊髄小脳変性症
F脊柱管狭窄症 G早老症 H糖尿病性神経障害・腎症・網膜症
I脳血管疾患 Jパーキンソン病 K閉塞性動脈硬化症
L慢性関節リウマチ M慢性閉塞性肺疾患 N両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 (6)本人の選択により介護サービス利用を行ないます。
    サービスの提供については、さまざまな事業者がサービス提供者となり、本人の選択により介護保険サービスを利用することができます。その際、原則として、かかった費用の1割が自己負担となります。介護保険は介護が必要となったときに少ない負担で多くのサービスが利用できる制度になっています。


  介護保険サービスのご案内

 介護保険サービスの申請からご利用までの流れをご案内します。


▲ home