ボランティア活動って?
  ボランティア活動の心得

  無理をしないで長く活動しよう

  相手の気持ちを考えて行動しよう

  秘密・約束は必ず守ろう

  活動を記録し、学習しよう

  周囲の理解を得て、継続した活動にしよう

  安全に配慮した活動を心がけよう

  ボランティアセンターを活用しよう


(1)無理をしないで長く活動しよう

 活動し始めると、つい『あの活動もしたい、この活動もしたい』と、いろんなことに手を出してしまいがち。けれど、一度にたくさんの活動を抱えてしまうと、途中で息切れしてしまいます。無理をせず、自分が続けられる活動を継続していきましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(2)相手の気持ちを考えて行動しよう

 相手のある活動を行う場合、相手の気持ちや立場を理解して、その人が何を期待しているかを把握しながら活動をすることが大切です。また、『やってあげている』という思いでは、単なる善意の押しつけになってしまいます。相手とコミュニケーションをうまくとりながら、双方が納得・満足できる活動をすすめていきましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(3)約束・秘密は必ず守ろう

 ボランティア活動は、信頼関係の上で成り立つものです。活動中に知りえた秘密・個人情報などを他言しないようにしましょう。また、活動の約束などはしっかり守り、万が一予定していた活動ができない場合などは、あらかじめ連絡しておくなど、了解をとるようにしましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(4)活動を記録し、学習しよう

 長くボランティア活動を続けるには、活動をふりかえったり、反省することも大切です。自分がボランティア活動で行ったことなどを記録しておき、活動のふりかえりや反省をしましょう。また、よりよいボランティア活動を進めていくための学習を行い、先駆性のある活動を心がけましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(5)周囲の理解を得て、継続した活動にしよう

 心おきなく活動を続けるには、周囲の理解を得ておくことも必要です。家庭や職場の理解を得て、長く楽しく活動を続けていきましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(6)安全に配慮した活動を心がけよう

 楽しくボランティア活動を続けるためには、安全面に配慮し、事故のないように心がけることも大切です。危険な活動や場所がないか、事前に確認をしたうえで、安心した活動を進めていきましょう。

 △ このページの最初にもどる 

(7)ボランティアセンターを活用しよう

 ボランティアセンターでは、現在ボランティア活動を行っている人やこれから活動を始めようと思っている方のご相談もお受けしています。困った時や、どうすればいいかわからない時などは、まずはボランティアセンターにご相談ください。

 △ このページの最初にもどる 


△ もどる  ▲ home